excitemusic

研究のためアメリカまでやってきました。海外生活や研究に使っているショウジョウバエの話を徒然に書いています。この小さな手にいかほどの夢をつかんで帰ることができるのだろうか・・・
by takabo34
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
ランキング参加中。面白かったら下をクリックしてやってください。
---------------------
人気blogランキング
---------------------

アイオワの天気
The WeatherPixie

カウンター
(Since 8/30/2004)




お勧めブログ
さきこ さんのブログ
zephykix さんのブログ
空の向こう Over the Sky


検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
環境破壊・生態系破壊・・・
from 沖縄で感じた日常
シュワちゃんは、ひょっと..
from 町人思案橋・クイズ集
無免許?シュワちゃん
from SUKA・SUKA・BLOG
迷惑トラックバック撃退方..
from スパム撲滅研究所
阪大論文捏造問題
from 誰でもわかる!最新医学ニュース
それみたことか
from The things tha..
生きながら火に焼かれて
from 変態のつぶやき
世界一
from なんでも世界一!
ヨコシマたそがれ
from 鳥新聞
日本の大学の改革
from アメリカ運動生理研究生活
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:海外生活( 111 )

研究データ捏造防止策

論文の盗用やデータ不正見抜く機関の設立に向かっているようである。

確かに、最近こういった事件が多発していた。
何か手を打とうというのはいい動きである。

しかし、
同時に悲しいことでもある。

科学というのは研究者の善意の上に成り立っている部分が多い。
言語の問題はあるものの、最近の論文はほとんど英語が公用語となっており、
あとは、ただただデータと論理の積み重ねという単純な仕組みにより、
科学は発展してきたと思う。
そこに示されているデータが真実であることは当然。
その解釈、これまでの知見との整合性。
そういった条件の上で議論が進められる。

明確な法律や規則を必要とせず、
ただただ理論の構築により是非を問うシステムに
私は大変感銘していたものだ。

これは、ある意味、
音楽を聴いて「いいものはいい」と感じる感性にも
近いものがあると思っていた。
正しい音楽、間違った音楽が存在しないと同様である。

しかし、昨今、そもそも得られたデータがただしいかどうか、
それを疑問視せざるを得ない状況である。
これは科学者として悲しむべきことかもしれない。

いい音楽を作っても
「本当にお前のオリジナルか?」といちゃもんをつけられているような状況だ。

科学者のモラルに大きく依存していた部分が
見過ごせなくなっているのである。

これは、もしやるのであれば、
日本にとどまらず、世界規模でやった方がいいのかもしれない。
もし、日本だけに必要な制度であるなら、
ある意味世界に恥をさらしていることになる。
[PR]
by takabo34 | 2005-08-15 17:00 | 海外生活

小休止

アイオワに戻って4日経った。
時間の経過が早く感じられる。

さて、今日は個人的にはniceな日であった。
こちらに来てから始めた仕事をまとめて、
論文の投稿までこぎつけたのである。

まとめあげるのに、ボスとはすったもんだともめたが、
今となってはどうでもいい気がする。
結果的によい論文になったと実感ができ、
それがボスのおかげであることは明白である。

論文は投稿するだけでは意味がない。
大学生の東大記念受験みたいなもんで、
投稿だけなら誰でもできる(笑
受理されてなんぼ、の世界だが、
それでも多少の安堵感がある。

さて、
審査員のコメントが戻ってくるまで、
ちょっと小休止。
今後の方向性やら興味を絞り込むために、
しばらく小休止。
ちょっとゆっくりと研究の行く末を考えてみよう。
これまであまりにも忙しすぎた。

数ヵ月後、美酒にありつけることを期待しつつ・・・
[PR]
by takabo34 | 2005-08-13 15:56 | 海外生活

帰アイオワ

ようやく、帰ってまいりました。
アイオワに。2週間ぶりに。

留守中遊びにこられた方、
コメント残された方、
どうもありがとうございます。

なんだか目まぐるしく移動しましたが、
やっぱ日本最高です。

体重が4kg近く増加しました。
たった2週間で4kg。ホンマかいな・・・

今日、飛行機に座っていて
腹回りに余分についた肉を感じました。
ちょっと歩くとすぐ疲れてしまうという情けない状態です(笑

念願のカツオも食べ、
秋刀魚も食べ、
焼き鳥も食べ、
ラーメンも食べ、
言い残すことはないと思いたいです。

それではまたボチボチと書き始めるとします。
[PR]
by takabo34 | 2005-08-09 16:41 | 海外生活

途中経過

えー、ようやく学会等終了し、
後は明日某研究所に呼ばれているので、
それが終われば仕事終了です。

食いたいものを食いまくる生活に突入しており、
昼回転ズシ、夜すし屋でスシ食うような生活です。
回転ズシで4千円も使ったりしています。

まだラーメンが足りない・・・

今日は散発に行く予定。

それでは。
[PR]
by takabo34 | 2005-07-31 14:00 | 海外生活

Take a break

明日、帰国します。
8月8日までアイオワに帰ってきません。

それまで休憩するかもしれません。

それでは。
[PR]
by takabo34 | 2005-07-23 10:46 | 海外生活

ラスカルの繁殖

ラスカル似のアライグマの夫婦が、夜な夜な私の
アパートのゴミ集積所を荒らしているということは、
何度かこのブログでも紹介した。

本日、帰宅後テラスで缶コーヒーをすすっていると、
またアライグマが林からのそのそ出てきた。

    また夫婦で荒らしに来たか?

じっと観察。

    あれ?1匹多いんちゃう?

更に観察。

    あれ?また出てきた。

それから出るわ出るわ
小柄なラスカル。

ざっと5-6匹ってところだろうか?
たぶん、お産みになったんでしょう。

しかし、ゴミ集積所の扉は堅く閉ざされ、
お父さんらしきラスカルが果敢に扉を開けようとするが、
重くて開かなかった。

    今のうちに写真を撮っておこう・・・

すぐさまデジカメを取りに部屋へ。
数秒後戻ってファインダーを覗く。

    あれ?

1匹もいなくなっていたのである。

    あきらめ、早っ!

必ず激写してやる・・・
というわけで、7月はアライグマの繁殖時期と判明。
たぶん。
[PR]
by takabo34 | 2005-07-20 13:15 | 海外生活

少林サッカー?!

今日は小ボケなお話。

ネットのニュースで奇妙な記事を発見。
少林サッカーの審判熱中症で死亡」

    少林サッカー?

  ああ、中国の映画の奴ね。
  見たこと無いけど・・・

  その審判のヒトなんて知らんけど、
  そんなに有名人だったの?

記事全文を読んだ。

    なんや、普通ーのおっさんの話やん?

なんだか解せない思いを抱え、
もう一度タイトルを確認

少年サッカーの審判熱中症で死亡」

    なるほどね・・・

お悔やみ申し上げます。

皆さん、
外出時は水分補給を忘れずに。
[PR]
by takabo34 | 2005-07-19 16:14 | 海外生活

ちょっと記念日

実は、今日はちょっとしたanniversaryである(スペルあってる?)。
と言っても、昨日まで気付いていなかったのだが・・・

なんやと思います?

誕生日? ちがうちがう、まだ先です。
結婚記念日? ちがうちがう、独身です。
失恋記念日? ちがうちがう、いちいち全部覚えてまへん。
アイオワに来た日? ちがうちがう、4月です。

で、正解は、

    ブログを始めた日

正確に言うと、初めて記事を書いた日です。
ちょど1年前の今日。(シカゴ 2004-07-13 海外生活 を参照のこと)

ちなみに、この時、コメント、トラックバック0でした。

ちょうど初めてシカゴへ行って来た直後だったと思う。
あれから1年。
何が変わったっていうと、
アイオワが定着した、ということだろうか?

日本でもそうだが、
転勤などして違う街に引っ越してしまうと、
その街が自分の街だと思うようになるまで
1-2年の時間がかかるものだ。

アメリカに来てもそれは一緒で、
来た当初は、毎日が海外旅行の気分で、
楽しいやら疲れるやらで結構へとへとだったな・・・

今は、このアパートも、
職場も、
職場への通勤風景も、
「自分の街」っちゅう感じで、しっくりきている。

しかし、ずっといようとも思わないのだが(笑

本当に日本に帰国することになったら、
きっとそれはそれで悲しいと思うのではないだろうか?

日本でも何箇所か転々としてきた。
そして、また住んでもいいな、と思う街と、
もう2度と住みたくない、と思う街がある。

アイオワは私のなかでは「もう2度と住みたくない」
街の中では一番いい街である。

    なんじゃ、そりゃ?
[PR]
by takabo34 | 2005-07-14 12:29 | 海外生活

ハンター

院生のギャレット君がvacationを終了してラボに戻ってきた。
彼は私が英語苦手なことをよく知っているので、
話しやすく彼との会話は私の英語の訓練となっている。

休暇に何をして過ごしたかいろいろと尋ねてみた。
バスつりをしたり、
街の音楽祭に行ってビールのみまくったり、
実家でまったりとリラックスしたり、
ということだった。

最後に彼は「狩をした」と言っていた。
「何を撃つの?」
「white tail deer」

    なんじゃ、それ?

「それって羊みたいな奴かい?」
「うん・・・ん?ちょっと違う」

彼はおもむろにネットで写真を見せてくれた。

    鹿っぽいな・・・

「え?これ食うの?」
「very niceだ」
「beefよりうまいの?」
「僕はbeefより好きだな」
「俺も食いたい。スーパーに売ってんの?」
「いや、たぶん売ってない。撃たなきゃ」

    なんじゃ、それ・・・

で、今deerを調べてみた。

    なんや、鹿やんけ・・・

私は鹿が英語でdeerだということを完全に忘れていたのである。
だって、普段食わヘンからねえ・・・
とわいえ、

    かっこわる・・・
    sheepは羊だよ、まったく・・・

この会話中
「え、ギャレット銃よく撃つの?」って聞いたら
ギャレット君慌てて
「僕が撃つのは鹿だよ。あと、的ね。それだけだよ」

ごめん、ギャレット君。
俺の英語が悪かったよ。
俺の説明不足だったよ。
「よく狩に行くのかい?」って聞きたかったんや・・・


ちなみに、
今日、仕事終了後ジョギングをしていたら、
white tail deerが寝そべっていた。
よく見たら他界されていたようである。
きっと車にひかれたに違いない。

私の感想「かわいそうに・・・」
ギャレット君は「おいしそう」って思うのだろうか?

昔昔10年以上前の話。
当時の彼女と水族館に行った時、
大量(大漁?)の「アジ」がでかい水槽を泳いでいた。
そのアジを見て彼女はこう言った。

    おいしそう・・・

女性は強いのである。
[PR]
by takabo34 | 2005-07-12 13:10 | 海外生活

same old, same old

だらだらと過ごしている間にも
時間は経ってしまうもので、
気付けばもう7月である。

そして、今月末から帰国するのである。

    あと二週間後か・・・

毎度のことながら実感できないのだが、
今回はほとんど仕事である。


さて、最近気になっているのは 白髪 である。
もちろん、パッと見はまだ黒い。
しかし、最近歯を磨きながらボーと鏡を見ていると
わりと白髪が多いことに気付いてしまった。

目に付いたものを抜き始めたが、
キリが無いので辞めてしまった。
10本以上は抜いたと思う。

    なんか、切ねえなあ・・・

とある私の知り合いが話していたことを思い出した。
私よりも年上の女性であったが、こう言っていた。

「恥ずかしながら、彼氏に陰毛の白髪を見つけられてしまった。
もう、終わってるわ・・・」

私は鏡を覗きながら、ふと彼女の一言を思い出し、
おもむろに便座に腰掛けて、観察してみたくなったのだが、

    仮にあったとして、それがなんなんだ?

我ながらアホらしくなって辞めた次第である。

ちなみに、髪の毛が真っ白のおっさんって意外とカッコいいと思っている。
中途半端に黒と白が混ざってる時期が一番みっともないな。
ま、しゃーないけど。

    白髪上等!
    あって何が悪い?
[PR]
by takabo34 | 2005-07-11 08:18 | 海外生活