excitemusic

研究のためアメリカまでやってきました。海外生活や研究に使っているショウジョウバエの話を徒然に書いています。この小さな手にいかほどの夢をつかんで帰ることができるのだろうか・・・
by takabo34
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
ランキング参加中。面白かったら下をクリックしてやってください。
---------------------
人気blogランキング
---------------------

アイオワの天気
The WeatherPixie

カウンター
(Since 8/30/2004)




お勧めブログ
さきこ さんのブログ
zephykix さんのブログ
空の向こう Over the Sky


検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
環境破壊・生態系破壊・・・
from 沖縄で感じた日常
シュワちゃんは、ひょっと..
from 町人思案橋・クイズ集
無免許?シュワちゃん
from SUKA・SUKA・BLOG
迷惑トラックバック撃退方..
from スパム撲滅研究所
阪大論文捏造問題
from 誰でもわかる!最新医学ニュース
それみたことか
from The things tha..
生きながら火に焼かれて
from 変態のつぶやき
世界一
from なんでも世界一!
ヨコシマたそがれ
from 鳥新聞
日本の大学の改革
from アメリカ運動生理研究生活
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:小話( 6 )

食い放題

職場の同僚ダイアンのオトボケぶりを今日は紹介しよう。

ちょっと前に私の誕生日だったので、ボスが気をきかして
ランチを皆で外で食べようと言ってくれた。
ということでchinese & japanese restaurantに行くことにした。
ランチは食い放題形式でいろいろなものが並んでいた。

メンバーは私、ボス、ボスの奥さん、アメリカ人のダイアン
ダイアン以外は日本人。
ダイアンは標準的なアイオワサイズで、きっとたくさん食べるだろうという配慮で
私が食べ放題を提案したのだ。

私はでかい皿にいろいろな料理を入れていった。
  チャーハン
  春巻き
  天婦羅(かぼちゃとズッキーニ)
  ムール貝(チーズのせ)
  カリフォルニア巻き
  焼き鳥
  トンカツ
  焼きうどん・・・

ちょっと待て、この焼きうどんセロリが入ってるぞ。

    大丈夫かいな・・・

大丈夫でした。以外意外にいけました(笑)

で、ダイアンに「どれがchineseでどれがJapanese foodか分かるかい?」と質問。
チャーハンを指して「これは中華」
天婦羅を指して「日本」
焼きうどんをさして「これも日本」

    ふむふむ、やるやんけ・・・

春巻きをさして「これはどっちかな・・・」

    え?焼きうどん分かってなんでこれワカラヘンの?

「以前透明なやつを食べたけど、あれはどっちだったかしら・・・」

    あー、生春巻きね
    それはタイ料理ちゃうんかな?
    そんなこというから食いたなってきたやんけ・・・

「それは中華だよ」
「そうなの?」
トンカツを指差して「これはアメリカンね

    え?

「チキンはアメリカンでしょう」

    ダイアン。ケンタッキーフライドチキンと間違えてない?
    ていうか、この味、どう考えてもやろっ!!

「ダイアン、これ食べた?」
「いいえ・・・」

なるほどなるほど。見ただけね。
それにしてもどう見てもやけどね・・・

「あ、そうか。」
そこで私はひらめいたのである。

    ダイアン、分かったよ。
    食べちゃうと、共食い になっちゃうからね・・・

    男の子がソーセージ食べちゃ駄目なのと、
    女の子が食べちゃ駄目なのと、
    一緒ね・・・

で、トンカツって日本食?

----------------------------------------------------------------------
ランキング参加中につき、面白かったら(普通でも(笑))
下をクリックして(1日1回)ください。ブログランキングのページに飛びます。
何人飛んできたかで競っているようです。清き1票を!
++++++++++++
人気blogランキング
++++++++++++
[PR]
by takabo34 | 2004-11-10 13:57 | 小話

わっかるかなー?わっかんねーだろーなー?

学生時代のネタを1つ。

    俺が赤ん坊だった頃、
    オヤジはアメンボウだった・・・

    お袋は綿棒で、
    姉貴は ボウボウ だった・・・ (って、どこが?)
 
    そいでもって、
    おいらのtakabo(棒)は暴れん坊・・・

    わっかるかなー?
    わっかんねーだろーなー?


この芸風、間違いなくいたでしょ?
サングラスかけて、アフロヘアの漫談のヒト。
でも・・・名前が出てこない。

このネタ、学生の時に作ったんだけど、
「お袋」から先はオリジナルだと思ってんだけど
違うかなあ?

「ってどこが?」って一人突っ込みするんです。
さらに、「おいらのtaka棒は、」で少しためて、
暴れん坊」と元気に言います。

どうでしょう?


このネタを思い出して、
「俺も年とったなあ・・・」って思ったよ。
なにせ、もうあんまり 暴れ ないからねえ・・・
あの時にしか作れないネタだったんだな、
って思うと ウルウルきちゃうねー(笑)

そろそろ違うバージョン考えないとなあ・・・

    そいでもって、    
    おいらのtaka棒は お寝坊

盛り上がんねーな・・・
元気よくなんか言えねーよ・・・
ってゆーか、笑えねーよ・・・

あったらしいの考えなくちゃ・・・
----------------------------------------------------------
追記、
この芸風は、松鶴家千とせ さんということが判明。
(お米みたいなネーミングでお馴染みの)
hosinokagayaki さんからの情報提供でした。
(いつもありがと です)
[PR]
by takabo34 | 2004-09-13 13:58 | 小話

ト・ト・マ

まだ小学校に上がる前に知能テストを受けさせられたことがある。
いろいろと頭の体操的な問題が出ていた。

    なんで、こんな問題やらなあかんねん・・・しんどくさ・・・

ガキながら、そう思ったよ。
でも、ガキだから疑問を持ちながらやってしまった。
10年後だったらバックレていただろう。

いくつかの問題を解いて、ある問題で止まってしまった。
「カードを並べ替えて食べ物の名前にしましょう」
そんな問題だった。

3枚のカードに「ト」 「ト」 「マ」と書いてあった。
見た瞬間答えが分かった。

    トマト やんけ・・・

私は頭の中でカードを並べ替えていった。
「ト・ト・マ」
1番目と2番目を入れ替えて
「ト・ト・マ」
逆さまから読んで
「マ・ト・ト」
「後ろを入れ替えて マ・ト・ト」

いたずらに時間が過ぎていく。

    答えはトマトやねんけどなー。トマトにならへんなあ・・・・

何度も頭の中でカードを動かしたが、
「マトト」と「トトマ」以外出てこない。
だんだん疲れてきて

    ちょっと休憩・・・

そしたら終了のブザーが鳴った。
あわてて、解答用紙に書いた。

    ト・ト・マ

「おいおい、そんなクイモンねーよー」と思いながらも、
私はいんちきをしないで努力した自分に満足していた。

後ろの席に座っていたガキが私の答案を見て親切に教えてくれた。
彼はカードを指差しながら「ト・マ・ト」と言った。

    あーーー、その手があったかー!?


結果は散々だったようだ。
母親の顔を見れば分かる。
「この子は知能指数が低いんだわ、可愛そうに」
そんな感じだったのだろう。
母親の哀れむような目が印象的であった・・・

当の私はいたって陽気であった。
凹むべき理由も無いからだ。

    おかん、もっと喜べよ・・・
    俺は正直に書いたぜ!

私のこの注意深い性格は、今の仕事に生かされている・・・
そして、要領の悪さでいくつかの損と得をしてきた。

でも、しょうがない。

これが私だ。
[PR]
by takabo34 | 2004-09-10 11:23 | 小話

「はずかしい」ということ

電話での会話で電話の相手が開口一番こう言った。
「取り返しのつかないはずかしいことをしてしまった・・・」

何だと思う?と聞かれて困った。

はずかしいメーターというのがあったとして、
10くらいではずかしいのか、30くらいではずかしいのか、
ヒトによってその度合いが違っているはずだからだ。

まず、ジャブとして
「チャックが全開だった?」と聞いてみた。
これは取り返しがつくという。

そして、私は瞬間的に思いついた。

    も、もしかして・・・もらした

しかし、こんなことはなかなか言えないので
「シャツを表裏さかさまに着ていた?」
などと聞いてみたが、どれも大してはずかしくない様だった。

    そりゃ、そうだろう・・・
    俺だってこれは違うことくらい分かっているよ。

    だって、キミは もらして しまったんだもんねえ・・・・・・

こちらから正解が言えず、相手の答えを待った。
なかなか答えを言いたがらないので、
またハズレの答えを言ってみた。

「靴、左右で違うのはいていた?」
「正解!」
「・・・・・・」
当たってしまったのである。

なんしか、基準が「おもらし」だっただけに
瞬間的なインパクトが薄かったのである。

    なーんだ、そんなことか。よかったよかった・・・

と思って、よーく考えてみたら、やっぱそれってヘンだ。

    それも、ありえねーだろっ!

ヒトは疲れていたら不思議なことをするものだ。
私といえば、
ランドリーに洗濯に行って帰ってきた時、
自分の隣の部屋に入ろうとし、鍵がかかっており、
「なんで俺鍵閉めたんだろう?」ってしばらく不思議がっておりました。
そりゃそうだ、他人の部屋なんだから・・・

ちなみに、2回あります。
[PR]
by takabo34 | 2004-09-09 10:24 | 小話

キカイダー

彼は今から10年ほど前、よくショットバーに通っていた。

彼には明確な人生のヴィジョンがあるものの、
そこまでの道のりの長さにウンザリし、
フワフワと宙に浮いたような気持ちのまま
もんもんと無意の時を過ごしていた。

底に穴のあいたバケツに水を注ぐように
近所のショットバーに通い、酒を流し込んでいた。

そこには彼の知り合いがバーテンとして働いていた。
だから彼はカウンター越しにバーテンと話すことができる。

「いらっしゃいませ。何にいたしましょうか?」
  
    お前、笑顔が嘘くせーんだよっ!

「メイカーズマークのロック、ダブルで。チェイサーはオリオンビールね・・・」

この瞬間、顔は平静を保ちつつも彼の頭の中はこうである・・・
   
    ロックダブルで700円なーりー
    オリオンビール 500円なーりー
    しめて・・・・・・1200円なーりー・・・

彼は財布の中身を確認した。漱石が4人。
1人は何故か目が笑っていた。
    
    ふっ、3杯は飲めるな・・・

「かしこまりました」
客が少なく、バーテンはすぐに作業に入った。
この店はバーボンのロックを注文すると
氷をアイスピックで削り、大きく丸い氷を作ってくれる。
彼は、バーテンがそれを作っているところを見るのが好きだった。
いつか血まみれの氷でバーボンをいただく、そんな目標を立てていた。
バーテンは慣れた手つきで氷を作り上げていく。

    ちっ・・・今日も駄目か・・・

「おまたせいたしました」
  
    お前、顔が笑ってないよ・・・

出されたロックはまだ氷が程よく溶けていない。
右手の人差し指を使って、この巨大な氷を回して溶かすのが彼の癖だ。
最初はグラスと氷が密着し、なかなか回らない。
でも、決して他の指は使わないのだ。
なぜ使わないのかは知らないが、
右手人差し指しか使わないと誓っていたのかもしれない・・・
彼のお気に入りの映画は「E・T」だ。

人差し指に力を入れる。
すこし指がプルプルするが、決して顔には出さない。
{ぜーんぜーんへーきー}、そういう空気を顔から発しながら、
人差し指に力が入る。
力に負けた氷が動き出す。
一度動けば氷は面白いようにクルクルまわる。

そう、アイススケートでスタートする時と同じ要領だ。
蹴り出す時に力を入れて、あとは優雅に・・・
そんな感じだった。

ちょうど氷が溶けて、バーボンがいい感じに薄まり、
ようやく彼は1口目をいただいた。
彼が店に入ってから15分が経過していた。
いったい彼は何分氷を回していたのだろう・・・
さぞかし右手人差し指の先が冷たくなったことだろう。

「最近面白いことないの?」
「おもしろいことねー・・・そういえば、この前面白いお客さんが来ましたよ」
「どんな?」
「初めてのお客さんだったんですけど、カウンターに座って「キカイダー」ちょうだいって言うんですよ」
「・・・キカイダー?」
「えー。でも、そんなカクテル知りませんので、困っていたら「ごめんごめん。サイドカー、サイドカー」って言うんですよー。なんか気の利いたおじさんだなーって思いましたねー」
「ふーん・・・」

サイドカー。ブランデーベースのカクテルだ。そこまでは彼も分かっていた。

彼は、その瞬間、努めて平静を装い、
「え?面白い?何が?」みたいな対応をしようと心掛けた。
しかし、この話のオチを完全に理解しきれないでいたのだった。

    もしかして、キカイダーってサイドカーに乗ってたっけ?
  

彼の不安を払拭するかのように、バーテンが言った。
「キカイダーって、たしか、サイドカーで登場しましたよねえ?」

    あっぶねえ、あぶねえ。やっぱそれでえーんや!よかったー。  
    それにしても、・・・やるやんけ、そのオヤジ・・・・・・

「そーだねー。でも、ゴレンジャーかってサイドカー乗ってたけど、なんでわざわざキカイダーにしたんやろな?」

「赤レンジャーはサイドカーに乗ってなかったからじゃないですかねえ?」
 
    ・・・・・・お前も、たまには、まともなこと言うやんけ・・・

a0036228_13355561.jpg


それから、数週間後、彼は再びこの店を訪れた。
この日ばかりはいつもと違った。
友達に紹介してもらった女性が一緒だ。

彼女もこのショットバーに行ったことがあると聞き、
じゃあ、一緒に行ってみよーよ、ということになったらしい。

こんな時間、こんな男にわざわざ付き合ってくれる女性。
しかも、居酒屋ではない、ショットバーに・・・
そんなシチュエーションが彼の気持ちを少し高揚させていた。

「いらっしゃいませ」
    
    おいおい、今日はあいつじゃねーのか・・・

いつものバーテンは休暇を取っているということだった。

その日の彼はなんとか「この日」をいい日にしたいという気持ちでいっぱいだった。
せっかく付き合ってくれた彼女に何か恩返しのようなことがしたかったのだろう。
帰宅の時には「今日は楽しかったわ」と言わせたくなっていた。

    何か気の利いたジョークの1つでも言わなきゃだな・・・
  
「何にいたしましょうか?」
「えーと、彼女には何か甘いカクテルを」
「かしこまりました」

「僕は・・・キカイダー

キカイダー・・・かしこまりました」

    え?お前もっと困れよ!
    
    もっといじれよ!!
    
    このネタ・・・頼むよー・・・


「あーっ、それ知ってるーわたしー。それってサイドカーのことらしいわね?」

    えっ・・・
  
それ以来、彼は口の軽いバーテンが嫌いだそうだ。

=============================
この話は全てかなりフィクションです。
[PR]
by takabo34 | 2004-09-01 09:26 | 小話

ケータイでかっ

せやけど、あれやね。
ほんまアメリカっちゅう国は分からんね。

飛んでくるミサイルを撃ち落とそかっちゅう国なわけやんか・・・
イラクでもだいぶハイテク兵器つこて楽勝っちゅうことになっとるやん?
一応・・・

ほなら、テクノロジー先進国っちゅうイメージ抱きますやん?
日本のテクノロジーすごいっちゅうことは分かってますけどー、
そないに大差ないやろ・・・って思てまうやん?

ぜんぜんあきまへん。
なってへん。
全部やり直しや、ほんま。

パソコンも車もずーたいばかりでかくて重くて、そいでめっちゃ遅いやん?

家のガレージの扉が自動っちゅうんはよろしーがな。
せやけど、リモコンに反応せーへんがな。
出られへんっちゅうねん。

部屋のエアコンがセントラルヒーティングになってて、全室涼しくなる
っちゅうんはよろしーがな。
せやけど、コントローラーがアナログで、しかもタイマーも付いてヘンちゅうねん。
帰ってきたら暑いがな。

銀行のATMでお金入金することありますやろ?
日本やったらいちいち数えんでも、機械が「パパパー」っと数えますやん。
こちらは入金する時に書類みたいなん書いて現金と一緒に封筒に入れて、
ATMの機械の中に入れるんですわ。
毎日銀行のヒトが集金にきて、
中身チェックして、記載金額と実際の納金額が正しいこと確認して、
そいでもって自分の口座に入金されるっちゅうシステムですわ。
めんどくさっ!っていうか、説明、長っ!!

めっちゃアナログやん?
ATMちゅうても郵便ポストみたいなもんやん?
入金したって、ほんまに入金されたかどうか、
次の日にならな分かれへんなんて、そんな殺生な・・・
心配で心配で寝られへんがな!

アホかっちゅうねん・・・・・・

そもそも「チェック」ってなんやねん、って話よ。
聞こえはエーかも知れんけど、今の時代「小切手」ってどうーよ。
電話、エネルギー(電気・ガス)、水道、大学のカフェ、家賃、
毎月チェック書いて37セントの切手貼って、封筒に「チェック」入れて
郵送、、、日本やったらぜーんぶ銀行引き落としやっちゅうねん!

この間なんか・・・
1ドルのコーヒーをカフェで飲んで、1ドルの請求来とんねん・・・
ま、そりゃ、しゃーないわ。俺が飲んでんから。きっちり払うよ、もちろん。
せやけど、よー考えたら
切手代いれたら1ドル37セントになっとるがな、高っ!こわっ!
しかも日本やったら新規通帳タダですやん?
こちらは「チェック」を発行してもらうのに取りよりますねん・・・(涙)
ほんま、高い高いコーヒー飲まされましたわ。

まだまだあるけど、きりないから、最後のやついくで・・・

ケータイ、カメラ付いてヘンくても、そりゃしゃーないわ。
ゆーても日本、テクノロジー最先端国やん?
ちょっとくらい日本が進んでてもおどろかへんよ、俺は・・・・・・

せやけど、いくらなんでもモニター モノクロちゅうんはないやろ。
しかもデカっ!、液晶小さっ!!バッテリなくなるの早っ!!!
モノクロモニター採用しといて、バッテリ2-3日しかもたへんって、
そりゃないやろ。だーれともしゃべってヘンで、俺は・・・

見てみ、日本から持ってきた俺のケータイ。
a0036228_711637.jpg

・・・・・・かっこえーがな。
・・・・・・もうちょっと小さなったらmore betterやけど、
(っていうか、moreいらんやろ、betterやろ)
せやけど、ま、しゃーないわ。全世界で使えんねんもん。
小さなるのは、もうちょっと待っても全然かまへんよ。

見てくれよー、これ、、、アメリカで使ってる俺のケータイ。
a0036228_713755.jpg

・・・・・・なんじゃ、これ?
・・・・・・ノキア製っちゅわれてもねえ・・・これはありえへんやろ
・・・・・・AUがIDOやった頃にこんなんありましたやろ?
・・・・・・しかも今時呼び出しが「ピーヒョロ、ピーヒョロ」機械音ってそりゃないわ

いや、確かにネ、、、
アメリカのケータイかて、ベライゾンとかAT&Tとか、
折りたたみ式のやつ出してるよ・・・
俺もそれ使てへん、ちゅううんは認めるわ。
折りたためば小さなるしねえ?
俺が悪いんかな?やっぱり・・・
アメリカ、やっぱそんなに劣ってなかったんかな・・・

って、折りたたみこじ開けて、よー見たら液晶モノクロやないかい!
今頃メールが打てることをうたい文句のCMとか流しとるやないかい!!
呼び出しが音楽になったって、単音で「熊のプーさん」いや失礼「森の熊さん
奏でられても困るっちゅうねん。

しかもー、、、
おい、そこの学生!
ケータイ買い換えて見せびらかしたいんは分かる。
な、だから、うれしそうに森の熊さんならして
友達に聞かせんのはやめなさい。
俺が小学校の時に買ってもらったインベーダーゲーム
あの時の音質とたいして変わらヘンねんから・・・
すごくないねんから・・・たのむわー・・・
ほんま、物を知らんっちゅうんはこわいねー?


限界超えてるっちゅう話ですわ。
しょーみ、困るよ。
カラー液晶はえーわ。
着歌も我慢するわ。
バッテリーバッテリーだけでも何とかしてんか。ほんまに。

あー、だんだん腹立ってきたで。ゆーたる。ガツンとゆーたるでー!!!
おい、アメリカ!
軍艦や戦闘機ばっか作っとらんで、
もうちっとましなケータイ作れよ!
あかん、あかん・・・、全部やり直しや!!

せやけど、あれやねー
アメリカっちゅう国は・・・・・・・・・・・・
[PR]
by takabo34 | 2004-08-30 06:55 | 小話